文化教室トップ 教室募集
試験や職場で差がつく小論文の書き方演習

小論文の書き方演習(愛知県一宮市)

試験や職場で差がつく小論文の書き方演習

入学・入社などの論文問題や、大学生・大学院生の小論文、社会人のレポートなどを書く場合に、いかに読み易く、説得力のある文章に仕上げるかを、演習を交えながら1日で学ぶ講座です。
以前、いちのみや大学の「小論文の書き方」講座を受講された方は、 一部内容が重複する部分がありますことをご了承ください。
下の本「小論文・レポートの書き方」が指定教科書になります。受講される方には当日お配りいたします。(有限会社人の森あるいはアマゾンで購入できます


日本人は学校教育の中で論理的文章の書き方を学ぶことが少ないため、どうしても自分の主張があいまいで、わかりにくい文章を書きがちです。
この講座では、パラグラフ・ラインティングやアウトラインを使った国際的な文章構造について理解します。国際的に標準的な文章構造とは、文化や言語が異なる人たちが相互に誤解なく、理解しあうために発達した文章作法です。「相手にわかってもらうために書く技術」ですから、日本人が読むために日本語で書く場合にも有効なのです。
講師は、長年、国際社会で仕事をしてきて、現在、日本福祉大学客員教授、「小論文・レポートの書き方」という本も出版している、国際協力コンサルタント、野田直人先生です。

講師 : 日本福祉大学客員教授 野田 直人先生
日時 : 4月8日(日) 午前10時から午後5時まで
場所 : 人の森ハウス(一宮市北園通3-20)
会費 : 7,500円 (教科書代・消費税を含む) ※指定教科書を持っている人は1,000円割引
当日会場でお支払いください。
定員 : 16名(要予約)
持ち物 : 筆記用具・持っている人は指定教科書

講師 野田直人先生

講師プロフィール 野田 直人先生 
1958年 一宮市生まれ 一宮高校卒業  一宮市在住
メルボルン大学農林科学部修士課程修了
国際協力機構派遣専門家として海外勤務経験豊富
現在、有限会社人の森取締役社長 ・ 日本福祉大学客員教授

申し込み・お問い合わせ: 有限会社人の森まで
参加される方のお名前、日中連絡のとれる電話番号(携帯番号・メールアドレスなど)を添えて、4月6日(金) までに、下記連絡先までお申込みください。
*後日、お申込み受付のご連絡をいたします。当方から連絡がない場合(メールの不達など当方で申込の確認ができない場合)は、お手数ですが、お問い合わせくださいますようお願いいたします。

電話/FAX: 0586-72-5445 メール: info@bunkakyoshitsu.com
住所 : 一宮市北園通3丁目20番地

*電話でのお問い合わせは、平日9:30~17:30まで。メールは随時OK。

Copyright© 有限会社人の森. All rights reserved.